おちくんのきままなプライベートブログ

はてなダイアリーから移行しました。きままに書いていきます。

au携帯機種変考察

auには現在、実質的に3つの料金プランが動いている。

  • シンプルコース
  • フルサポートコース
  • 旧プランコース

僕は今、旧プランだ。長期利用ユーザはこのプランがほとんどだろう。これは実質的にフルサポートと同じなのだが、よく考えてみると違うということがわかる。

旧プランからシンプルにはなれない

旧プランはシンプルコースには移れない。一方、フルサポートは2年使えば、シンプルに変わることができる。だから、旧プランはフルサポートと同じではない。もし、一つの携帯を2年以上使い続けるのであれば、できるだけはやく機種変をしてフルサポートになっておくべきだ。
といっても、当然、機種変には金がかかるわけだが、古い機種だとタダでできる場合がある。実は今日、近所の携帯ショップにて、機種変0円があったので、ワイフの携帯を機種変してきた。僕も自分の携帯を同じように機種変更しようかとかんがえてる。ただ、0円端末はもうなかったので、量販店で探してみようかと思う。とにかく、旧プランのままだと、将来的な見返りが全くないまま、高く料金を払い続けるわけなので、低コストで旧プランからの脱却が必要だと感じた。

旧プランのメリット

いちおう、現状の旧プランにもメリットがある。それは、いつでも機種変更ができるということ。現在、機種変更時における継続利用期間の料金差は、旧プランに対してはなくなっている。この件については、フルサポート解約料という名前に変わっているため、旧プランのユーザには関係ない話だ。だから、今回機種変更した際に、旧プランであれば、二年以上利用していても、一年くらいの利用でも値段は変わらなかった。ただし、フルサポートにしてしまうと、今後、機種変更をする際に、フルサポート解約料がかかることになる。たとえば、来年の春モデルを狙うのであれば、旧プランのままのほうがいいということだ。ちなみに僕は、au端末には高性能は望まない方針なので、とっとと変えようかとおもってる。

シンプルへの移行

僕の最終目標は、シンプルへの移行だ。シンプルへの移行の方法は3つ。

  • 新規購入
  • 機種変シンプル
  • フルサポートからシンプルへ

新規は却下。機種変シンプルは、格安でできたらこれが理想。しかしなかなかいい値段がない。つーか、ほぼ定価で売ってるから高すぎる。というわけで、最後の選択だ。フルサポートで機種変更後、直ぐにフルサポートの解約をする。18900円かかる。つまり、端末代+18900円でシンプルに移行できるということ。ここで、端末代をいかに抑えるかがポイントになる。

フルサポートのメリット

フルサポートにしておくメリットだが、ポイントのつく割合が倍になるということ。ヘビーユーザであれば、フルサポートのままの方がいいだろう。ただ、僕みたいにauをほとんど使わなくなる場合はどうなんだろう?ポイントもほとんど溜まらないだろうし。

フルサポートからシンプルへの移行のタイミング

現在の解約料は最大18900円だが、2009/02から21000円に値上げする。もしこの方法を採用するのであれば、値上げする前が得策。また、解約料は、利用期間に応じて半年ごとに段階的に下がっていくのだが、解約するタイミングは下がった直後がいい。でないと、フルサポートで割り増しして払っている機種代が無駄になる。
別の見方をすると、シンプルであれば、新たに機種変更をした場合、どのタイミングでも無駄は発生しないことになる。つまり、フルサポートはホストペイ型、シンプルはプリペイド型だ。フルサポートは、毎月負担を払いながら、新たに機種変更したタイミングで、半年ごとに設定された不足料金を払うことになる。例えば、9ヶ月目に機種変更すると、2ヶ月分の負担額が無視される。一方、シンプルは先にサポート分を負担して、月ごとにその金額が実質引かれることになるので、新たに機種変更したタイミングで、実質残金を負担したことになる。

広告を非表示にする